2月 13 2019

バレンタインデー粉砕デモ 開催報告


バレンタインデーは粉砕しました

堂々たる足取りで渋谷の街を行き、バレンタインデーを粉砕するデモ隊の勇姿。

 おかげさまを持ちまして去る2月9日、バレンタインデー粉砕デモは無事に敢行されました。

 当日は東京都心でも大雪の恐れありとの予報があり、気温も大幅に冷え込んだためか例年より参加者は少なめでしたが全く問題はありません。なぜなら、同日おなじ代々木公園を会場として開かれていた「ワールドバレンタインフェスティバル」なる催しは、我々のデモよりも圧倒的に参加者が少なかったからです。これぞ我々の地道な活動が実を結んでいる何よりの証左でありましょう。

見よ、この悲しいほどに人が居ない「ワールドバレンタインフェスティバル」を!

 天の助けによるものか、当日は交通機関の乱れも積雪も無く予定通りデモを行う事が出来ました。実のところ雪の舞う江戸の町を行軍出来れば、ドラマの赤穂浪士っぽく絵になるのではないかとも思っておりましたが、安全に開催できることが何よりであります。

 先に述べた理由に加え、近年お菓子メーカーも「友チョコ」だの「自分チョコ」だのといった意味の分からない販売戦略を取るという迷走を見せ始めていることから、我々の活動が着実な戦果をあげているという事実は明確です。

マスコミ各社からの取材

 しかし、我々の闘いはまだまだ続くでしょう。恋愛資本主義という根本の概念自体は未だ根絶されたわけではなく、お菓子メーカーや広告代理店は必ずやそれを足掛かりに反攻を目論むであろうことは明確だからです。

 時代の風が我々を後押ししていることも感じます。しかし、優勢な勝負は勝ち切らなければ意味が無いのです。この度の勝利に奢ることなく、恋愛資本主義根絶の日、そして我々非モテが蔑視されることが無くなる日まで、共に闘い続けようではありませんか!

 最後になりましたが、この度のデモに加わっていただいた同志の皆様、ニコニコ生中継でデモを見守って下さった同志の皆様に厚く御礼申し上げます。 また、取材にお越しいただいたマスコミ各社様、先導をしていただいた代々木警察署、渋谷警察署の皆様にも感謝いたします。

 次回のホワイトデーではデモを敢行できるかまだ不透明な状態ですが、何らかの催しは開きたいと思っておりますのでご期待ください!